未分類 0

呼吸を意識して腹部からするだけでも、私たちは痩せるそうです。

脂肪を燃焼させるストレッチとしては深呼吸しながら肩甲骨を動かすのが効果的だと聞きました。

肩こりにも有効なのですが、両ほうの腕を上にまっすぐ伸ばしながら息を吸い、腕は上に向けたまんまで、肘を曲げて体の後方に下げていきます。

この時に息を吐くと同時に肩甲骨を縮めるイメージです。

出産をしてから、重くなった体を出産前の状態にもどすために、ダイエットと一緒に生まれてこのかたしたことがなかった筋トレをしました。

100%母乳で子供を育てていたので、思うようにダイエットは進まなかったのですが、筋トレは一生懸命やりました。

おかげさまで、6カ月ぐらいで、ある程度元の体型に戻す願いがかないました。

実際、有酸素運動は、せめて20分は運動しないと大して、効き目がないといわれてきましたが、今は、休まず運動しなくても20分を超える時間を運動していれば効能があるといわれています。

と同時に、筋トレのほとんどは筋肉内のグリコーゲンでエネルギーを生み出す運動ですが、無酸素、有酸素両方の運動を順々に行うことでそれぞれの効果を引き上げることが成功します。

よくダイエットといえば有酸素運動を連想しますが、有酸素と無酸素はどう見分けるのか、判断することができません。

良く聞くのは、息は上がるけれど、汗をかくほどではないというのが判断するようです。

でも、汗のかき方は外気温などによっても変わりますよね。

もっとはっきりとした区別の仕方がわかるとダイエットがしやすくなると思います。

ダイエットの最中であれば特についケーキなどの糖分の多いものを食べたくなりますが、ここはぐっとその気持ちを我慢することが大切です。

食べてしまったら、すぐに体重に反映されてしまうからです。

もしどうしても食べたいとなればカロリーが低いダイエット用のケーキを作ることをお薦めします。

基礎代謝の一般的な平均値は20歳を過ぎたあたりから、徐々に減っていくものです。

これは成長期の終了によって代謝量が安定しだしたことと、運動量が減ったことにより筋肉量も、同じように徐々に低下しているためです。

中年に差し掛かるといつのまにか太りやすくなっているのはこういう理由があるのです。

基礎代謝の数値を知ることは大事です。

どうしてかというと、自分の代謝量を知らずに、自分に必要な摂取カロリーの量を知ることは難しいからです。

若かった時のような無謀なダイエットをするのが体力的にやばくなった分、常時冷静に数値を見つめていたいと思う日々です。

基礎代謝は加齢するにつれ落ちていくとのことです。

大して、食事内容に変わったところはないのに年をとる毎に太りやすくなっているような気ってしますよね。

脂肪燃焼系や吸収阻止系のサプリメントも実に多くありますが、可能ならば、自然成分からできている漢方で基礎代謝アップに努力したいです。

ダイエットの間、欲望の中にある甘い物への欲求を抑えきれなくなった時に飲食する物は、常に変わらずに寒天です。

これは好きな味付けをすることができるので、全く飽きることなく食べられます。

特別、缶詰みかんが入った牛乳寒天と、味なしの四角く切った寒天にきなこをたっぷりかけて黒蜜をちょっぴりたらしたものがしょっちゅう食べているものです。

ダイエットには有酸素エクセサイズがお手軽に出来るので、イチ押しです。

私は踏み台昇降を家の中でしています。

これは長時間続けると、心臓がバクバクいいますし、膝の上下の筋肉も使うので、その動きよりもずっと体力を消費します。

これはテレビを観ながら楽しく出来ますが、ダイエットにすごく効果がありました。