作者別: Gladys

あくまでも簡易ですが自分でAGAを判断することも可能

未分類 0

なんとなく髪の分け目やつむじのあたりの地肌が目立ってきて、自分でもAGAの可能性があるのではと疑い始めたら、あくまでも簡易ですが自分で判断することも可能です。ちょっと手間ですが抜けた髪を集めて、地毛より短くて柔らかかったり細い毛の比率が高くないか確かめるという調べ方です。発毛から成長期に入って間もなく抜けたような毛髪の比率が高い場合は、発毛力や成長維持の力の乱れが生じているわけで、進行性であるAGAを疑ったほうが良いかもしれません。AGA治療専門医を謳うクリニック等ではなく、町中にある普通の病院でAGAを治して行こうと思ったら、基本的には皮膚科か内科ということになります。どちらにしても保険適用外となりますが、皮膚科や内科のほうが専門のクリニックよりは安くつく場合が多いです。とはいえ現実にどこの内科(皮膚科)でもAGAの診療を受け付けているのではありませんし、出来るとしてもAGAに対する治療の選択肢は、専門の病院と比較するとほとんど選びようがないといった感じです。いまAGAの治療法としてとられている方法は2つあります。患部への薬の塗布、薬の内服といった身近な方法のほか、頭の地肌に有効成分を注射して直接的に毛根に働きかけるといった病院の中でなければできない外科的な処置があります。片方がより優れているというわけではなく、体質的な問題もあれば症状の出方でベストな対策は異なります。そういうわけで、専門医に自分に適した治療方法を提案してもらい、よく相談した上で選択し、治療する方が時間も無駄にしなくて済みます。病院での治療を受けつつ、自分でAGAに対処する方法として挙げられるものといえば、睡眠や食事などの生活パターンの見直しがそれです。頭皮と毛髪への栄養補給としてビタミンやタンパク質、亜鉛やミネラル分などを含んだ食品をバランスよくとることです。加えて、血行不良をなくすため血管を収縮させるニコチンの摂取は極力控え(禁煙)、適度な頭皮マッサージを行うのも効果があります。わざわざAGA専門のクリニックに通って処方してもらうよりオトクな価格で手に入れる方法があるとすれば、海外の業者から自分で直接購入するという方法もないわけではありません。病院での診察費用はかかりませんから比較的安価に購入できるという利点があります。とはいえ説明も約款もすべて英語で行うため、自分で個人輸入するのが不安でしたら、代わりに手続きをしてくれる業者は最近はかなり普及していますし、それらを使うのもありでしょう。残念ながらAGAによる脱毛は進行性ですので、何の手も打たずにいると症状はだんだん進行していきます。もっとも、AGA専門のクリニックでは、進行した状態でも状況に合った治療を見極めることができるため、いつ行っても遅きに失するということはありません。もっとも年齢的にいうと治療年齢が若いほど顕著な治療効果があるという報告もあるため、気になり始めたら専門家に早めに診てもらうと良いでしょう。平均より低い体温の人というのは、どちらかというと新陳代謝が低いようです。血行改善はAGA治療の第一歩とも言われている位ですから、体の代謝機能を上げるよう努めるのはいまある薄毛の状態を緩和するだけでなく、発毛と成長の維持にも影響してきます。食生活では冷たいものの摂取はほどほどにして体が冷えたらそのままにせず、野菜でいえばゴボウ、レンコン、ニンジンなどの根菜類をとったりするのもお勧めです。また、夏でもバスタブに浸かるようにすることにより、体が冷えるのを防止できます。CMなどでAGA専門を謳うクリニックなどに通い、医師のアドバイス通りに治療していったとしても、日常的に乱れた生活習慣を続けているとせっかく治療しても効果は思うように得られないでしょう。飲酒やタバコを控えたり、あまりストレスを蓄積しないよう気分転換するとか、睡眠時間をしっかり確保することも大事です。寝付きが悪かったり睡眠時間が少ないとストレス耐性も低くなりますし、体の代謝機能も低下して毛髪や肌への影響も大きいのです。ドラッグストアや近所の薬局などでも薬剤師さえいればAGAの薬は購入できます。しかし処方薬のほうが市販薬に比べて薬効が高いですし、処方箋がないと購入できないフィナステリド含有薬などもあります。近頃はAGA専門を謳う病院も全国的に増えましたし、AGAの治療は普通の病院でも受けられる場合がありますから、不安に思った時点で診察だけでも受けるようにしましょう。AGA専門のクリニックなどに通わずに自力で治療するのは、全てとは言えませんが、可能ではあります。植毛は医療行為ですし、超音波やレーザーなどを使用して有効成分を毛根に注入する技術も実習と研修を重ねた医療技術者にしか扱えません。ただ、薬の内服や外用薬の利用に限定すれば、自分で海外の業者から個人輸入で手に入れることで通院や検査もなく自力で治していくことができます。その際も割安なジェネリック(後発)薬を利用すると、わざわざクリニックで処方箋をもらうに比べ確実に割安な出費で済むのが特長です。